下着姿の女性

人恋しさを埋めるために風俗

下着姿の女性

どうしても一人で過ごしていると人恋しい気持ちになってしまいます。一人暮らしになれていれば良いのですが、自慢ではないものの、これまでの人生の中で彼女を切らせた事のない僕は一人で家で過ごす時間というのがとても苦手なのです。しかし、帰省シーズンになるとそういうわけにも行きません。
今同棲している彼女は実家がかなり離れたところにあるので、二週間ほど帰省に行ってしまいます。最初の数日は彼女のいない家を我慢できていたのですが、段々寂しさとイライラで我慢できなくなり、ふと気がつけば家を飛び出していました。
あてもなくぶらぶらしていたところ、風俗店の多くある通りに出てしまいました。以前から興味を感じていたのもあったし、こんなときなので風俗で楽しんでも罰は当たらないだろうと考え、思い切って入店してみる事にしました。エロそうな店内の雰囲気に頭がくらくらしてしまいましたが、思い切って自分好みの子を伝え、部屋に案内してもらいました。そこで待っていたのは、今まで会話した事ないレベルに綺麗な女性です。深々とお辞儀をした後、シャワーに僕を案内し、その後はベッドの上で僕を気持ちよくしてくれました。
合計2時間という時間があっという間に終わってしまいました。気持ちよくなれるだけじゃなく、人恋しさを埋めるのにも風俗って最適だなと思いました。

TOP